プロの占いテクを学校で学ぶ|スピリチュアルスクールガイダンス

占い

参考程度に考えて下さい

前向きに進む事が出来ます

タロットカード

毎朝起きてから家を出るまでに、何らかの占いを見てから家を出る方は少なくありません。今はテレビ等でも運勢を占ったり、スマホ等でも簡単に見る事が出来るようになったからです。そして一度参考にし始めると習慣となり、毎日チェックしてしまうようになったという方もたくさんいます。 この毎日の占いの結果も日常生活の参考として気になりますが、一年を通しての運勢が掲載されている雑誌もあります。来年2016年はどんな年になるのかを少し知っておく事で、気持ちを構えておくことが出来ます。今よりも未来が明るいと少しでも見えれば、人間は明るく前に進む事が出来ます。逆に今年一年がとても良ければ、来年2016年はどんな年になるのか気になります。たとえあまり良い占い結果でなくとも、2016年に気持ちを構える事が出来るのも魅力の一つです。

プラスにする事が大切です

占いは、毎日全て良い鑑定結果が出るわけではありません。あまり良くない事もあります。しかし、こういった結果を見たのであれば、その日一日は何らかの事に注意して生活する事が出来ます。ラッキーアイテム等を一緒に載せている本やテレビ等もあります。こういった物を参考にし、その日一日を温和に過ごす事が出来るようにする事で、気持ちを次の日へのプラスにする事が出来ます。 一年を通しての占いを見る場合には注意が必要です。それは、全てを本気にしてしまわない事です。その占い結果が合っているかどうかは実際にその年が過ぎて見なければ分かりません。そのため、2016年の初めに占いを見てあまり良い結果でなくとも、一年という長い期間で捉えるようにし、少し注意を払いながら生活をする事で占いをプラスにする事が出来ます。さらに2016年がさらに良い年となると鑑定されている方は、それをモチベーションにし、気持ちをさらにプラスにしていく事で良い一年を過ごす事が出来るはずです。